ホスピタリティExpoの酒ブースに出展支援

 

 パースふくしまの会が、Australian Hotels Association(オーストラリアン ホテルズアソシエーション)/Hospitality EXPO(ホスピタリティ エキスポ)酒ブース出展に協力させて頂きました。
 過去に飲んだ日本酒が美味しくなく、悪いイメージがあったけれど、今回飲んでみてあまりの美味しさに驚いた方々や、生まれて初めて日本酒をテイスティングして、こんなにまろやかでスムースなお酒があるとは知らなかった、と新しい味を満喫された方々が印象的でした。

1. Hospitality EXPO概要            (右の写真はクリックすると拡大できます)

21 May_2014_The_West_Australian_article 1) 目的: ホスピタリティビジネス(接客業)に革新的なアイディアを提供する、西オーストラリア州で例年行われる最大規模のイベント。様々な会社や団体からの出品者や新しいサービスや商品の展示があり、ビジネスの発展に役立ちます。
 2)参加者: ホテル/リゾートホテル関係者,レストラン,スモールバー,モーテル,クラブ関係者(ダンスする場所)酒屋,ケータリング/フードサービス関係者,カフェなど
 3)出展者: 寝具屋,ケータリング関係者,ビール工場,乳製品会社,ドライフード会社,冷凍食品会社,食器類を扱う会社、フローリング,家具,インテリアデザイン会社,食通や美食家グルメ,肉、シーフード,ワイナリー,スナック類,照明会社,スピリッツ、ソフトドリンク会社,テクノロジー,小物など幅広い分野の企業・団体
 4)日 程: 2014年5月13日(火)/14日(水)
 5)会 場: Crown Perth(クラウンパースホテル パース市内最大の高級ホテル。カジノも併設しており、宿泊者以外にも沢山の人々が訪れます)
 6)主催者・団体: Australian Hotels Association(オーストラリアン ホテルズ アソシエーション)

2. 出展報告
 日本酒に関してここ最近の流れとしては、オージーの中での認知度は上がっています。1991年ごろ酒屋で売っていたのは月桂冠と大関のみだったそうです。ここ数年で日本食屋が増えた事が理由だと思いますが、他店との差を出すため、居酒屋風の店が出来たり、日本酒を沢山取り揃えた店が出てきたお陰で、日本酒が広まりました。

 エクスポ主催者より日本から参加すれば、日本酒のブース代が無料になるとのご提案を、在パース日本総領事館を通じパースふくしまの会に頂きました。また福島市飯坂町出身のジュンパシフィック舟山精二郎相談役様(シドニー本社)から、福島復興のために大七・奥の松・栄川の日本酒を寄贈されることが決まり、福島の再生を願い県人会として海外にアピールすること目的に兵庫県と共同ブースに参加することを決意いたしました。


 それを受け、大七さまと奥の松さまの渡豪も決定し、エキスポ主催者側もとても喜ん下さり、参加が大変意義の有るものとなりました。ブースにはたくさんの方が訪れ日本酒はとても飲みやすいのに味に奥行きが有り、トロピカルフルーツやアニシードの香りがするなど、ワインを好むオーストラリアの方々に大変好印象を与えました。

 2日間に渡る日本酒のマスタークラスでは、プレゼンターとして大七のアッツ ブランクスタイン取締役が日本酒について、とてもわかりやすく説明して下さり、大盛況に終わりました。その際、他の蔵元様も壇上にあがっていただきました。(栄川のおちょこをマスタークラス参加者に記念品として配布させていただきました。)


 福島県国際課様から寄贈された起き上がり小法師・赤べこストラップはお蔭様で大人気。福島県のポスターも美しく、ブースがとても華やかになりました。


 今回のエキスポ参加は、沢山の方々のご協力が無くしてはあり得ませんでした。お蔭様で日本酒のイメージをとても良いものにする事ができたように感じております。これからも福島県の復興を願い、引き続き力を注いで参ります。

  ストックトン 亜紀子
  [満山会長と国際課にも娘から上記報告を送信しています]

 

 

 

 

 

 

 

福島ユナイテッドFC

応援!福島ホープス

hopes aa
 BCリーグ 2015年4月~開幕