ご挨拶 - 2020

「予測不可能な時代のオリンピック開催」
                
anzai takashi 穏やかな正月を迎えて、この晴天のごとく台風もなく酷暑もないオリンピックであってほしいと願った次第でした。
 
 それも束の間、思わぬ展開が始まりました。中国湖北省武漢で発症した新型コロナウイルス肺炎がわが国はじめ各国に広がってしまいました。各国が中国との航空便規制を始めたほか、中国自身も省を越える国内の移動の規制に加え、主要都市のレストランでのパーテー禁止にまで乗り出しました。これの各国経済面に影響するところは計り知れないものがあるように思われます。

 1990年代の初め、ソ連邦の崩壊に始まったグローバリゼーションの動きは、人、モノ、カネの国境を越える移動の自由化を伴って、世界各国の経済発展を促してきました。ただバブル崩壊とそれによる金融システムの機能不全に陥ったわが国はそうした流れに乗れなかった唯一の例外でした。

 しかしこうしたグローバリゼーションの流れは近年足踏み状態に入ってきています。切掛けは2007-8年の米国発金融危機であり、2011年の東日本大震災と福島第一原発の事故であり、そして世界各地での地球温暖化がもたらしたとみられる台風をはじめとする自然災害の頻発です。

 各国の政策運営のみならず、企業経営も株主利益第一主義の成長重視一辺倒姿勢から「人類および企業が生き残っていくための方向へ」変わってきました。国連サミットでは、2015年、SDG’s(持続可能な開発目標)を採択し、2030年までの15年間で達成することを決めました。また年金基金等の投資家サイドもESG(環境、社会、ガバナンス)を投資基準に置くと宣言。このような流れを強力に押したのは、若者たちが問うた温暖化、すなわち世界を動かしたスウエーデンの女子高生グレタさんです。これらはこれまで世界の経済成長を持ち上げてきた人、モノ、カネの流れの増大を抑制することになるでしょう。

 また米中の貿易問題は未解決であり、米国・イランの緊張や一向に進まない北朝鮮問題など、わが国を取り巻く世界情勢は予測困難な時勢となっています。今回のオリンピックはあまり気張らずに、安心・安全を最優先に誠実に運営してほしいですね。
 聖火リレーは3月26日楢葉町・広野町のJウ“イレッジをスタートする。


令和 2年 2月
東京福島県人会 会長  安齋 隆
 

現在の訪問者

ゲスト 203人 と メンバー0人 がオンラインです

福島ユナイテッドFC

fuku united FC

福島ファイヤーボンズ

Firebonds logo

応援!福島ホープス

hopes aa
 BCリーグ 2015年4月~開幕