ご挨拶 - 2021

  「新年のご挨拶」
                
anzai takashi 東京福島県人会の皆さん明けましておめでとうございます。

新型コロナウィルスの存在を知ったのは丁度1年前のことでした。以来恐怖と不安の連続でした。昨年末にワクチンが開発され、イギリスや米国では接種が始まっているというのに、未だに感染者は拡大を続け、死者も累増しております。わが国でも寒さが強まるにつれ感染者が増大しております。

 感染は人と人との接触からはじまりますので、接触を断ち、控えれば感染を抑制することができることは、誰でも分かっていることなのに、それが難しいのですね。人間を含めてすべての動物は、目があり、耳があり、口を持ち、それらを利用して意思疎通を図っているのです。

 地球は水の惑星です。水があるから動物も植物も生存できているのですが、同時に音の惑星でもあります。音は空気があるから伝搬するのですよね。空気は動物に必要な酸素を供給してくれるだけでなく、音を伝搬することにより動物の意思疎通を可能にしています。耳、口、は空気の伝搬する機能によって役立つようになっているのですね。

 わが東京福島県人会は、コロナ禍の厳しい環境に鑑みて、目と耳と口で楽しむ総会や70周年記念行事を中止し、必要最小限のことを郵便に頼ることできました。コロナ禍の先行きはまだまだ予断は許されないようですが、最善の対コロナ防備策を講じて、参加者全員が目と耳はフル稼働させ、口だけは30%以下の使用に抑えた、楽しい新年会を開催できることを切に願っております。


令和3年1月
東京福島県人会 会長  安齋 隆
 

現在の訪問者

ゲスト 463人 と メンバー0人 がオンラインです

福島ユナイテッドFC

fuku united FC

福島ファイヤーボンズ

Firebonds logo

応援!福島ホープス

hopes aa
 BCリーグ 2015年4月~開幕